ホーム  > 顔面顎矯正外科とは  >  顎変形症とは

顎変形症とは

顎変形症とは

顔面の変形、特にアゴの骨の位置や大きさの異常により、かみ合わせ・発音などの機能異常を起こしている状態を、顎変形症(がくへんけいしょう)といいます。

  • アゴが大きく前に出てしまっている
  • アゴが大きくひっこんでいる
  • アゴが左右にずれている
  • 上下のアゴの大きさが合っていない

顎変形症には上記のような症例が考えられます。

顎変形症によって口腔の機能に大きな問題があると判断された場合は、通常の矯正治療だけでなく、外科手術も併用して行う必要があります。

どんな治療が必要なの?

通常の矯正治療だけでは土台となるアゴを動かせません。そのため、アゴの中で歯をきれいに並べることはできますが、顔の中心やアゴが歪んでいるなどの根本的な解決はできません。

骨切除手術によって土台となるアゴの骨を切る顎変形症の治療を行えば、咬み合わせに無理のない位置に骨を動かすため、アゴの骨のズレが軽減します。

通常の矯正治療ではできない矯正を可能にします。ご自分が顎変形症かもと思われる方はぜひご相談ください。

顎変形症と診断されれば、健康保険適応の外科矯正を実施致します。

通常の矯正治療では難しい症例でも、保険適用の外科矯正を行えば美しい口元に生まれ変わります。

アゴが大きく出てしまっている、またはひっこんでいる

このような症状がある場合、アゴの骨を外科的に手術で切って動かす外科矯正を行うことが症状改善のために必要となります。手術が必要になりますが、通常の矯正治療では難しい症例でも大きな治療効果が期待できます。

治療は外科矯正の手術だけを行うのではなく、通常のワイヤーを使った矯正と組み合わせて行います。また、保険適用であるため、比較的安価で治療を行えます。

保険適用が可能な症例の一覧

矯正治療はほとんどの場合「自由診療」になるため、治療費が比較的高額になってしまいます。しかし、咬めない、発音ができないなどの機能的問題がある場合には、保険が適用される矯正治療が可能です。

当院は「健康保険適用の矯正治療ができる施設」として、厚生労働省より認定されています(指定自立支援医療機関)。以下の症状が疑われる患者さんは、ぜひ一度ご相談ください。

以下の項目に当てはまる方は、顎変形症かもしれません。

  • 顎骨の外科的手術が必要な顎変形症を伴う咬み合わせの異常
  • 唇顎口蓋裂(しんがくこうがいれつ)
  • 6歯以上の非症候性部分性無歯症
  • 良く噛めない
  • 顔が曲がっている
  • 歯がかみ合わない
  • 受け口
  • 下あごが小さすぎる

下記のページではセルフチェックを行うこともできます。
セルフチェックページはこちら

是非ご活用ください。

手術費用について

顎変形治療において、健康保険適用の場合の手術費用は約30~50万円です。

ただし、美容目的にこの手術を行う場合の手術費用は150~250万円ほどかかります。健康保険が使える場合がありますので、まずはご相談ください。

顎変形症治療の対象年齢

顎変形症手術はアゴの骨を移動させる手術です。そのため、原則として骨の成長が終了した年齢以降の人が対象になります。おおよそ男性17才、女性16才からですが、30~50歳代でも手術は可能です。

入院期間は国内最短で3~5日間です。手術年齢は柔軟に対応しますので、詳しくはご相談ください。

診療予約・お問合せはお気軽にお電話ください。

PAGE TOP