ホーム  > 顔面顎矯正外科とは  > 美容整形外科との違い  >  4章 セルフチェック

4章 セルフチェック

4章 セルフチェック

  1. 写真で上の歯が良く見える(前歯がビーバーのよう) ⇒1.4.7
  2. 顔は長い方だ(面長) ⇒7.8.9
  3. ガミースマイルだ(上の歯肉が良く見える) ⇒1.4.7.8
  4. 顔は短い方だ(丸顔) ⇒1.2.3
  5. シャクレと言われる事がある ⇒3.6.9
  6. 幼い顔だと言われる事がある ⇒1.2
  7. ハンサムだと言われる ⇒2・5・8
  8. ゴリラ顔だと言われる ⇒ 9

上記のチェックで、一番多く当てはまるのが貴方の顔のタイプです。
複数当てはまる場合は、二つの骨格の中間と思われます。
どれにも当てはまらずに、自分の横顔が気にならないという方は、5付近の骨格と考えられます。
良く分からないけど、自分の横顔に問題があると感じる方は、一度診察を受けてみてはいかがでしょうか。

それぞれの型のイメージ

No.1 丸顔で出っ歯
(顔型と同じように歯冠も短い)
No.2 丸顔でアゴのバランスが良い
No.3 丸顔で下アゴがでている
No.4 上アゴがでている
(顔の長さは普通いわゆる出っ歯
No.5 上下のアゴが前後的にも上下的にもバランスが整っている
No.6 下アゴがでている
(顔は普通の長さ))
No.7 上アゴがでている
(顔が長い
No.8 上下のアゴのバランス良い
(顔が長い)
No.9 顔が長い
(下アゴがでている)
No.10 いわゆるゴリラ顔
(上下の唇がでている)

顔の歪み・ズレというのは、横顔と正面顔の両方にみられます。
この章でみてきたように、ほとんどの顔の変形というのは、上下のアゴの位置異常により起こり、これを修正して、しっかり発音できる、咀嚼できるようにするのが顎矯正外科なのです。
次の章では、実際に顔の変形がどのようになおるのかを説明してゆきます。

診療予約・お問合せはお気軽にお電話ください。

PAGE TOP