ホーム >Blog > 矯正治療中、虫歯や歯周病にならないの?

矯正歯科の先生方へ
地方在住の方へ
美容整形外科との違い
保険適用医療控除について

矯正治療中、虫歯や歯周病にならないの?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「矯正治療中の虫歯や歯周病」です。ぜひご愛読ください。
矯正治療は治療期間が長く、期間中は基本的に矯正装置を装着した状態になります。

言わば人工物を歯に装着しているわけですから、衛生面を心配する声も少なくありません。
実際患者さんから「矯正治療をすると虫歯や歯周病になるのでは?」と質問を受けることもあり、
ここでは矯正治療中の虫歯や歯周病についてのお話をしていきます。

矯正治療中は虫歯や歯周病になりやすい

まず矯正治療中は虫歯や歯周病になりやすいということに注意しておきましょう。
これは矯正装置に害があるという意味ではなく、
矯正装置を装着していることで歯磨きがしづらくなるからです。

矯正装置を装着すると歯が複雑な状態になっているため、凹凸によって歯が磨きづらくなります。
そのせいで食べカスやプラークが溜まりやすく、虫歯や歯周病になるリスクが高まってしまうのです。
このため、矯正治療中は虫歯や歯周病の予防を普段以上に徹底しなければなりません。

矯正治療中の虫歯や歯周病を予防するには

矯正治療中は虫歯や歯周病になりやすいものの、しっかりとした予防策をとっていれば心配ありません。
次の3つの予防方法を実践することで、矯正治療中の虫歯や歯周病を予防しやすくなります。

・歯磨きの仕方を指導してもらう
多くの歯科医院では、矯正治療をする患者さんに矯正治療中の歯磨きの仕方を指導しています。
ちなみに矯正治療を希望する場合は歯科医院選びにも慎重になると思いますが、
このようなケアに無頓着な歯科医院があった場合、その歯科医院での治療はおすすめできません。

・デンタルフロスや歯間ブラシを使用する
普段の歯磨きにも言えることですが、ブラッシングだけの歯磨きだと磨き切れない箇所が出てきます。
矯正装置を装着した状態だとそれは尚更のため、
デンタルフロスや歯間ブラシを使用して歯と歯の隙間も綺麗に磨くようにしましょう。

・マウスピース矯正にする
マウスピース矯正なら自分で矯正装置を取り外しできるため、歯磨きにおいて一切の支障がなくなります。
食事中も外すことができますから、矯正装置への食べカスの付着を防げますし、
矯正装置が邪魔になって歯が磨きづらくなることもなく、普段どおりの歯磨きが可能です。

・裏側矯正にする
裏側矯正とはワイヤーの矯正装置を舌側に装着する矯正方法ですが、舌側は当然唾液で溢れています。
このため、矯正装置を装着した箇所に付着しているプラークが洗浄されやすく、
従来の表側矯正に比べて虫歯や歯周病を予防しやすいのです。

歯磨き以外の予防方法を知っておこう

虫歯や歯周病を予防する方法のメインは歯磨きですが、それ以外にも次のような予防方法があります。
いずれも細かいことですが、それらを丁寧に実践するだけでも予防効果は確実に高まります。

・キシリトール配合のガムを噛む
キシリトールのガムを噛むことで、口の中を虫歯になりにくい環境にできます。
歯科専売のものならキシリトール100%配合のものもあります。

・唾液の分泌量を高める
シュガーレスのガムを噛む、水分を補給する、リラックスするなどによって唾液の分泌量を高めれば、
唾液によって細菌を洗浄できるため虫歯や歯周病を予防しやすくなります。

・疲労やストレスを溜めない
疲労やストレスは身体の免疫力の低下を引き起こします。
身体の免疫力が低下すれば、虫歯や歯周病の原因菌…つまり細菌に感染しやすくなります。

矯正治療中に虫歯や歯周病になった場合

矯正治療中に虫歯や歯周病になった場合、状態によっては矯正治療を中断してこれらの治療を優先します。
このため、虫歯や歯周病の治療ができないという問題は起こりません。
しかし、矯正治療中の虫歯や歯周病は矯正治療の治療計画に大きな支障をもたらします。

虫歯や歯周病の治療をするために矯正治療を中断すれば、
計画どおりに矯正治療をすすめられなくなるため、治療期間が長引いてしまいます。
つまり、矯正治療中の虫歯や歯周病は患者さんにとってもマイナスになるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、矯正治療中の虫歯や歯周病についてまとめます。

1. 矯正治療中は虫歯や歯周病になりやすい :矯正装置を装着することで歯磨きがしづらくなるため
2. 矯正治療中の虫歯や歯周病を予防するには :歯磨きの仕方を指導してもらう、裏側矯正にするなど
3. 歯磨き以外の予防方法をしっておこう :キシリトール配合のガムを噛む、唾液の分泌量を高めるなど
4. 矯正治療中に虫歯や歯周病になった場合 :虫歯や歯周病の治療を優先することで矯正治療が遅れる

これら4つのことから、矯正治療中の虫歯や歯周病について分かります。
矯正装置を装着するため、矯正治療中は虫歯や歯周病になるリスクが高まります。
しかし、正しい歯磨きの仕方を実践すれば普段どおり予防できますし、
歯磨きのしづらさを避けるためにマウスピース矯正にする方法もあります。

PAGE TOP