ホーム  > 顔面顎矯正外科とは  >  正常な咬合とは

正常な咬合とは

正常な咬合とは、顎骨、顎関節、神経筋系、歯、歯周組織の間で 形態的にも、機能的にも調和がとれているということです。

具体的にいいますと

  1. 歯の配列が正しく、咬合が安定して歯列が顎、顔面の骨格の中に正しく位置している。
  2. 咬合と顎関節の関係(下図▼)が正しい。◯×の図を見て下さい。
  3. 顎の運動が円滑である、ということです。

つまり顔の形と歯の位置が良好で、噛む、発音する、呼吸する、 などの機能がよくできることです。

咬み合わせと顎関節の関係(中心咬合位と中心位が一致)が正しい状態。
顎矯正手術の最大の特徴はこの状態を容易に、かつ確実につくれることである。(鶴木)

中心咬合位と中心位の不一致が下顎の機能異常の原因になる。
確実な手術が行われないとこのような状態が発生する。(鶴木)

診療予約・お問合せはお気軽にお電話ください。

PAGE TOP