ホーム > Blog

矯正歯科の先生方へ
地方在住の方へ
美容整形外科との違い
保険適用医療控除について
覚悟の瞬間 医療法人社団瑞鶴会 鶴木クリニック医科・歯科 鶴木隆

12月, 2018年

治療方針の科学的根拠 [2018年12月31日]

”ルフォー してください!”

 と言って来院される方がたまにいらっしゃいます。

こんなことから最近ルフォーⅠ型骨切り術が、流行っているという事を体感します。
そんな中、韓国の美容外科受けられたで方が多いのですが

ルフォー骨切りをする必要の無い方が、ルフォーⅠ型骨切り術の手術を受けて、修正の相談で来院される事が増えてきました。

当院では、ルフォー骨切りが本当に必要かどうかを科学的に分析しています。
すなわちセファロ分析を行うという事です。

科学的な分析

この画像は、プロフィログラムといいます。
クリニックして拡大して見てみると一目瞭然です。

青線が 平均的骨格
赤線が 患者さんの骨格
この方は、平均より顔が短いことがわかります。また、上アゴが後方に下がっていて、下アゴがやや前方にありますね。

このように、平均的骨格と比較して患者さんのズレを科学的に検証します。
科学的に検証し、上アゴの位置にズレがあり結果として

ガミースマイル・出っ歯・凹んだ顔

になっているのであれば、ルフォーⅠ型骨切り術を行う必要があると考えます。

流行っているからルフォーをしたいというのは論外です。ルフォーするとキレイになれる!と思い込んでいる方がいますが、本当にあなたにルフォーⅠ型骨切り術が必要かどうかはよく考えてください。
判らない場合は、当院にて簡易的にセファロ分析を行うことも可能です。

また、モルフィス3Dを用いますと、ルフォーして治療した場合のご自身の顔のイメージを見ることもできます。(あくまで参考ですが)
鶴木クリニックでは医療としてのルフォーⅠ型骨切り術を行っています。必要のない ルフォー骨切りは、必要ないと素直にお伝えします。

日本口腔外科学会 専門医 鶴木三郎

Copyright © 2014-2019 鶴木クリニック All Rights Reserved.

PAGE TOP