ホーム >Blog > 受験が控えているので、矯正治療をしばらく休むことは可能ですか?

矯正歯科の先生方へ
地方在住の方へ
美容整形外科との違い
保険適用医療控除について

受験が控えているので、矯正治療をしばらく休むことは可能ですか?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「矯正治療の一時休止」です。ぜひご愛読ください。
矯正は治療期間が長いため、時には大切な用件で治療を休みたいことがあるかもしれません。

例えば受験…特に小児矯正では永久歯が生えそろったタイミングで第二期治療を開始するため、
矯正治療中に受験の時期になるケースがあります。
さて、このような場合は矯正治療を一時的に中断することはできるのでしょうか。

矯正治療は休止できるのか

矯正治療の一時的な休止は可能であり、これは受験の理由に限ったことではありません。
何らかの理由で一時的に通院できない場合なども、歯科医に相談すれば矯正治療の休止が可能です。
ただし、あまりにも長い期間の休止はこれまでの治療の成果が失われてしまいます。

このため、矯正治療の休止期間は1ヶ月~2ヶ月なのが一般的です。
最も、受験が理由での休止あればそのくらいの期間の休止で全く問題ないでしょう。
休止中は保定装置での対応になるでしょうが、具体的な対応方法は歯科医ごとで異なります。

矯正治療を休止する場合の問題点

矯正治療の休止は、再開後の治療に影響します。
と言うのも、矯正治療は治療を開始する前にある程度の治療計画を立ててから行うのですが、
その時の治療計画では矯正治療の休止を想定していないからです。

つまり矯正治療の休止は想定外の事態であり、治療計画を狂わせてしまうのです。
もちろん、矯正治療ができなくなるほど影響を及ぼすことはないですが、
「治療期間が長引く」、「当初の説明どおりに進まない」などの問題が起こる可能性はあります。

矯正治療の完全な中止はできるのか

事情によっては一時休止ではなく完全に中止することも可能ですが、それはおすすめできません。
矯正治療の途中で中止してしまえば、これまでの治療の成果は全て失われますし、
移動した歯は元の状態に戻ろうとするため、むしろ治療前による歯並びが悪くなる可能性すらあります。

また、治療した分の費用は返金されないため、高額な治療費もムダになってしまいます。
既に全額の費用を支払った場合は治療前の分の費用は返金されますが、
クレジットカードで支払った場合はカード会社への連絡が必要など、手続きにも手間がかかります。

受験前の矯正治療は控えるべきか

矯正治療が受験に支障を及ぼすとすれば、考えられるのは2つです。
1つは通院の問題で、これは歯科医に相談すれば受験の時以外のタイミングでの通院が可能です。
元々矯正治療は毎日の通院は必要ないため、通院が受験の支障になることはまずないでしょう。

もう1つは矯正装置の違和感で、矯正装置を装着した違和感で勉強に集中できないのではという問題です。
確かに矯正装置を装着した直後は違和感があるため、受験間近なら受験後に矯正治療を行うべきでしょう。
最も、この違和感は慣れによって解消できるため、受験が半年以上先の場合は特に問題ありません。

矯正治療が日常生活に支障をきたすケース

受験に限らず、矯正治療が日常生活における何らかのことに支障をきたすケースは他にもあります。
次のようなケースでは矯正治療の開始時期をずらすなど、
歯科医に相談して対処方法を提案してもらった方が良いかもしれません。

格闘技や身体が激しくぶつかるスポーツをしている
矯正装置は基本的に装着したままの状態になりますから、
格闘技や身体が激しくぶつかるスポーツをしていると口の中をケガしてしまう危険性があります。
このため、大きな大会などが近い場合は大会後に矯正治療を開始した方が良いでしょう。

管楽器をしている
いわゆる「吹いて音を出す楽器」ですが、
矯正装置を装着したばかりだと違和感があって今までどおり音が出せなくなることがあります。
慣れで解消できるものの、やはり大会が近い場合は大会後に矯正治療を開始すべきでしょう。

発音が重要な仕事をしている
これは大人が矯正治療をする場合に言えることです。矯正装置の中には発音がしづらくなるものもあります。
このため、例えば英会話の講師をしている場合などは歯科医に相談し、
できるだけ発音に支障のない矯正装置を選ぶ必要があります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、矯正治療の一時休止についてまとめます。

1. 矯正治療は休止できるのか :1ヶ月~2ヶ月くらいなら可能
2. 矯正治療を休止する場合の問題点 :休止することで当初の治療計画が狂ってしまう
3. 矯正治療の完全な中止はできるのか :可能だが、これまでの治療の成果が全て失われてしまう
4. 受験前の矯正治療は控えるべきか :受験が半年以上先のタイミングなら問題ない
5. 矯正治療が日常生活に支障をきたすケース :格闘技や管楽器をしている場合など

これら5つのことから、矯正治療の一時休止について分かります。
長期間の治療の中では、日常生活において治療内容や通院が支障となる機会があるかもしれません。
しかしそれが一時的なものなら、歯科医に相談すれば矯正治療の一時休止が可能です。
また、そのようなことがあらかじめ分かっている場合は、
その点を考慮して矯正治療を開始するタイミングを歯科医に相談しても良いでしょう。

PAGE TOP