ホーム >Blog > 小児矯正の治療期間は、どれくらいかかるのでしょうか?

矯正歯科の先生方へ
地方在住の方へ
美容整形外科との違い
保険適用医療控除について

小児矯正の治療期間は、どれくらいかかるのでしょうか?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「小児矯正の治療期間」です。ぜひご愛読ください。
「矯正治療は大人になってからよりも子供の時に行った方が良い」と聞きますね。

これは事実であり、「歯が動きやすい」や「非抜歯で行える可能性が高い」など、
様々な理由から矯正治療は子供の時に行った方が多くのメリットがあるとされています。
そこで、ここでは小児矯正をテーマにして治療期間について説明していきます。

小児矯正の治療期間は長いか短いか

小児矯正の治療期間については、長いという意見と短いという意見があります。
確かに治療期間は歯並びの状態で異なりますが、
ここまで意見に差があるのは見解の違いが理由になっているからだと考えられます。

小児矯正では治療を二期に分けて行い、一期治療と二期治療の間には経過観察する時期もあります。
また、一期治療の結果次第では二期治療を行う必要がない場合もあります。
そして、この治療の流れにおける治療期間をどう捉えるのかによって長いとも短いとも言えます。

まず、一期治療と二期治療のトータルの治療期間を小児矯正の治療期間として考えた時、
その長さは大人の矯正の治療期間とほとんど変わりません。
しかし経過観察の時期も治療期間に含めて考えると、大人の治療期間よりも長くなります。

と言うのも、経過観察の時期は状態によって数年かかることもあるからです。
一方、一期治療のみで矯正治療が終わった場合は大人の矯正の治療期間よりも短くなります。
こうした点から、小児矯正は人によって長いという意見と短いという意見があるのです。

小児矯正の流れと治療期間

小児矯正の流れと治療期間を分かりやすくまとめると、次のようになります。

・第一期治療(治療期間 :10ヶ月~1年半ほど)
第一期治療は乳歯と永久歯が混ざって生えている状態で行います。
顎の成長やバランスをコントロールしながらの治療となり、年齢的には6歳~10歳頃の時期になります。

・経過観察(期間 :個人差があるが数年待つこともある)
第二期治療を行う場合、矯正治療を開始するのは永久歯が生えそろってからになります。
それまでは経過観察しながら待つことになります。

・第二期治療(治療期間 :1年半~2年半ほど)
大人の矯正治療と同じで、ブラケットとワイヤーを使用します。
永久歯が生えそろったタイミングで矯正を開始するため、年齢的には中学生頃の時期になります。

…ほとんどの場合は第二期治療まで行うため、トータルの治療期間は3年~4年ほどになります。
最も、経過観察の時期も治療期間に含めるなら「3年~4年+経過観察の期間」となるため、
小児矯正の治療期間は長く思えるかもしれません。また状態によっては第二期治療を行う必要がないため、
その場合は治療期間が10ヶ月~1年半ほどとかなり短くなります。

小児矯正のメリット

矯正治療は大人になってからでもできますが、子供の時に小児矯正を行った方が良いと言われています。
それは冒頭でも説明したとおり、小児矯正には大人の矯正治療にはないメリットがあるからです。
そこで、小児矯正のメリットをまとめてみます。

・大人になった時に歯並びの悪さで悩まなくてすむ
歯並びの状態…つまり歯の見た目を気にするようになるのは大人になってからです。
しかし大人になってから矯正治療を行えば、理想の歯並びになるまでに何年もかかります。
その点、小児矯正で子供の時に歯並びを改善しておけば、大人になってから歯並びで悩むことはありません。

・非抜歯で矯正治療できる可能性が高くなる
矯正治療では、歯を正常に並べるためのスペース作りをしなければなりません。
大人の矯正治療ではそのために抜歯が必要ですが、
小児矯正では永久歯が正常な位置に生えるようコントロールするため、非抜歯で行える確率が高いのです。

・歯が動かしやすく痛みも小さい
子供の骨はやわらかいため、矯正治療した時に歯が動きやすくなっています。
さらに歯が動きやすいことで、歯が動いた時に感じる痛みも小さくなります。
痛みを全く感じないわけではないですが、感じる痛みの程度は大人の矯正治療に比べて遥かに小さいです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、小児矯正の治療期間についてまとめます。

1. 小児矯正の治療期間は長いか短いか :経過観察の時期を治療期間に含めるかで見解が変わる
2. 小児矯正の流れと治療期間 :第一期治療(10ヶ月~1年半)→経過観察→第二期治療(1年半~2年半)
3. 小児矯正のメリット :大人になった時に歯並びで悩まない、非抜歯で行える可能性が高いなど

これら3つのことから、小児矯正の治療期間について分かります。
まとめると、第一期治療と第二期治療をあわせたトータルの治療期間は3年~4年ほどです。
ただし、そこに経過観察の期間も含めた場合はさらに長くなります。

例えば経過観察に1年かかった場合、それを含めたトータルの治療期間は4年~5年の計算になります。
また、状態によっては第一期治療のみで矯正治療を終えられるケースもあり、
その場合の治療期間は短く10ヶ月~1年半ほどになります。

PAGE TOP