ホーム >Blog > 小児矯正で使用する矯正装置にはどのようなものがありますか?

矯正歯科の先生方へ
地方在住の方へ
美容整形外科との違い
保険適用医療控除について

小児矯正で使用する矯正装置にはどのようなものがありますか?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「小児矯正で使用する矯正装置」です。ぜひご愛読ください。
小児矯正は文字どおり子供の矯正治療ですが、大人の場合と少々異なります。

最も、「矯正装置を装着して歯を動かす」…この点については同じです。
しかし、小児矯正の場合は治療開始時に永久歯が生えそろっていないため、
今後生えてくる永久歯の生え方をコントロールし、なおかつ顎の成長発育もポイントになります。

つまり、成長の改善を目的として矯正治療を行うため、使用する矯正装置にもいくつかの種類があるのです。
そこで、ここでは小児矯正で使用する矯正装置の種類をいくつかご紹介します。

拡大床

「床=しょう」と読むため、これは「かくだいしょう」と読みます。
拡大床は「歯列の横幅を広げる」、もしくは「歯を移動させる」が目的の矯正装置です。
特徴は「拡大ネジ」の存在で、中央の拡大ネジを回すことで歯列や顎を前後や横に動かせます。

ネジの幅を広げる力を加えることで歯の土台となる顎の骨を側方に押し広げる構造になっており、
乳歯と永久歯が混ざって生えている第一期治療時に使用します。
また、拡大床にはレジンのプレートがあるタイプとないタイプがあります。

<拡大床の長所>
・スペースの確保が可能になるため、非抜歯で矯正治療を行える可能性が高い
・取り外しできるため、外出時など見た目が気になる場面で外すことができる
・取り外しできるため、歯磨きがしづらくならず虫歯を予防しやすい

<拡大床の短所>
・顎の拡大が可能なものの、対応できる症例には限りがある
・対応できる症例の幅がそこまで広くないため、全ての子供の小児矯正で使用できるとは限らない
・固定式の矯正装置を比較すると、治療期間が長くなることが多い

アクチバトール

「FKO」と呼ばれることもあり、この場合は「エフカーオー」と読みます。
下顎の前方成長を促す機能があるため、
受け口や出っ歯の顎のズレの改善を目的とした矯正治療において使用します。

ちなみに出っ歯とは上顎前突のことであり、文字から分かるとおり上顎が前方に突き出ている状態です。
アクチバトールは下顎の前方成長を促しますから、突き出ている上顎との位置関係を調整できるのです。
また取り外し可能である点も大きな特徴ですが、実際には1日10時間以上の装着が必要です。

<アクチバトールの長所>
・睡眠時間によっては、睡眠時に装着することで日常生活の中で外しっぱなしにできる
・取り外しできるため、外出時など見た目が気になる場面で外すことができる
・構造的には簡単であるため、利便性が高くなっている

<アクチバトールの短所>
・睡眠時間が10時間未満の場合は、日常生活の中で装着しなければならない
・装着時に会話すると違和感がある
・簡単に外せるのは長所だが、それゆえに意図的に外して装着をサボってしまえる

リンガルアーチ

歯の裏側に金具を装着して歯を動かし、さらにその位置で固定させることもできます。
これによって歯を正常な位置に動かすのはもちろん、奥歯が動かないように固定することなども可能であり、
一般的には受け口の改善、もしくは永久歯の生えるスペースを作る目的で使用します。

また永久歯の生えるスペース確保の際、内側に生えた歯を外側に押し出すことも可能です。
リンガルアーチは自分で取り外しできないため、装着したままの生活に不安を感じる方もいます。
しかし特に食事制限などはないため、そこまでの不自由さはありません。

<リンガルアーチの長所>
・自分で取り外しできないのは不自由だが、矯正治療としての効果は期待できる
・ワイヤーには凹凸がないため、食べ物や舌が引っ掛かるような違和感は起こりにくい
・微調整が容易なことから、調整目的の診療の際は短時間で終わる

<リンガルアーチの短所>
・自分で取り外しできない
・装着した状態で歯磨きしなければならないため、歯磨きの精度が落ちて虫歯になりやすい
・矯正装置を舌で触れるなど、舌クセがあると矯正装置が破損することがある

まとめ

いかがでしたか?
最後に、小児矯正で使用する矯正装置についてまとめます。

1. 拡大床 :ネジの幅を広げる力を加えることで、歯の土台となる顎の骨を側方に押し広げる構造
2. アクチバトール :下顎の前方成長を促すことで上顎前突の改善が可能。「FKO」とも呼ばれる
3. リンガルアーチ :自分で取り外しできない不自由さがあるが、その分矯正治療の効果は期待できる

これら3つのことから、小児矯正で使用する矯正装置について分かります。
小児矯正では第一期治療と第二期治療を行いますし、それぞれの間には経過観察の期間が発生します。
このためトータルの治療が長く、それが理由で小児矯正をマイナスと考える方がいます。

確かにその点はデメリットかもしれませんが、一方で小児矯正には「非抜歯で行える可能性が高い」、
「歯を動かす時の痛みが小さい」などのメリットもあります。さらに後戻りもしにくいため、
矯正治療を行うタイミングとしては子供の時…つまり小児矯正が最適と言われています。

PAGE TOP