ホーム >Blog > 矯正治療をしていてもスポーツや楽器の演奏はできますか?

矯正歯科の先生方へ
地方在住の方へ
美容整形外科との違い
保険適用医療控除について

矯正治療をしていてもスポーツや楽器の演奏はできますか?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「矯正治療中のスポーツや楽器の演奏」です。ぜひご愛読ください。
矯正治療では矯正装置を装着するため、日常生活の過ごし方において不安なことが多いと思います。

特に日常生活の中でスポーツや楽器の演奏をしている方は、
矯正治療を行うことでそれができなくならないか心配という言葉をよく聞きます。
そこで、ここでは矯正治療中のスポーツや楽器の演奏の問題について説明していきます。

問題のあるスポーツについて

矯正治療中のスポーツについては、全く問題ないものと問題あるものとがあります。
問題なのは空手や柔道などの格闘技、球技ではラグビーなどが該当します。
これらのスポーツが問題な理由は、いずれも身体と身体がぶつかり合うからです。

矯正装置を装着していると、ぶつかる衝撃によって口の中を切ってしまいますからね。
このため、矯正治療中は可能であればこれらのスポーツは控えた方が良いですし、
控えるのが無理な状況であれば専用のマウスピースでカバーするなどの対処方法があります。

問題のないスポーツについて

口の中を切るような衝撃が起こらないスポーツなら問題ないため、
例えば野球やサッカーやスケートなどの場合は矯正治療中でも行えます。
実際、プロ野球中継を見ていると矯正装置を装着している選手を見かけることがあります。

とは言え、これらのスポーツも身体と身体がぶつかる機会が全くのゼロというわけではないですし、
転倒するなどの事故が起こるとやはり口の中を切ってしまいます。
このため、問題のないスポーツの場合でも充分な注意が必要です。

楽器の演奏について

楽器にも様々な種類がありますが、確実に問題がないのは口を使用しない楽器で、
例えばドラムやギターなら普段どおりの感覚で演奏できるでしょう。
一方、影響があるのは「吹いて音を出す」…言わば吹奏楽などで使用する管楽器の類です。

これはスポーツと違ってケガをする危険性はないものの、
矯正装置を装着していることでの違和感が音を出しにくい…つまり吹きにくい可能性があるからです。
逆に言えば違和感がなければ問題なくなるため、ある程度の慣れによって解消できるでしょう。

矯正治療の休止について

スポーツや楽器の演奏をしている方で矯正装置の装着に違和感があり、
なおかつ大会などが近い場合は矯正治療の休止が可能です。
このため、一時的に矯正治療を中断したい場合は歯科医に相談してください。

ただし、矯正治療を中断することで当初の治療計画に狂いが生じる点の了承は必要です。
歯科医は矯正治療を開始する時点である程度の治療計画を立てますが、
その計画では矯正治療の休止は想定していないため、そこで狂いが生じてしまうのです。

<治療計画が狂うとどうなるか>
起こる可能性のある問題を挙げていくと、「治療期間が長引く」、
「当初の歯科医の説明や見解どおりにいかなくなる」、
「治療期間が長引くことで費用が高くなる(処置別払い制の場合)などがあります。

日常生活について

矯正治療中のスポーツや楽器の演奏が問題の根本は矯正装置の装着にあります。
矯正装置を装着した状態での口の中の負傷、さらには矯正装置を装着していることでの違和感、
これらが問題の原因であることを考えると、日常生活の中でもいくつかの注意点があります。

・発音
慣れで解消できるものの、矯正装置を装着すると発音がしづらくなります。
相手が会話を聞き取れないほど発音しづらくなることはないものの、
発音が重要な仕事…例えば「英会話の講師」などをしている方は歯科医に相談した方が良いでしょう。

・口の中のケガ
例えスポーツをしていない方でも口の中をケガすることはあります。
例えば人とぶつかる、「歩行時や自転車の運転時などの転倒」には注意しなければなりません。
また、これらのケースではケガをしないにしても矯正装置が破損してしまう可能性があります。

・虫歯や歯周病
矯正装置を装着すると歯磨きがしづらくなります。
矯正装置を装着した状態の歯は複雑な凸凹になっているため、歯磨きの精度が落ちてしまうのです。
つまり普段どおりの歯磨きがしづらいため、虫歯や歯周病には注意しなければなりません。

・食事
食事においては矯正治療中による制限は特にありません。
ただしあまり固いものを食べたり粘着性のあるものを食べたりすると、
矯正装置が破損してしまう、もしくは矯正装置にくっついてしまうなどの問題が起こります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、矯正治療中のスポーツや楽器の演奏についてまとめます。

1. 問題のあるスポーツについて :格闘技やラグビーなど、身体と身体がぶつかり合うスポーツ
2. 問題のないスポーツ :野球やスケートなど、身体と身体がぶつかり合わないスポーツ
3. 楽器の演奏について :吹いて音を出す管楽器は、矯正装置の装着に慣れるまで違和感がある
4. 矯正治療の休止について :大会が近いなどの場合、歯科医に相談すれば矯正治療を休止できる
5. 日常生活について :発音、口の中のケガ、虫歯や歯周病、食事などにおいて注意点がある

これら5つのことから、矯正治療中のスポーツや楽器の演奏について分かります。
矯正治療中、中には控えた方が良いスポーツや違和感のある管楽器などがあることは事実です。
このため、日常生活でこれらのスポーツや楽器の演奏をしている方は、
矯正治療を行うことでそれに支障がないかを歯科医に相談しましょう。
また大会などが控えている場合は、大会終了後のタイミングで矯正治療を開始するのも1つの方法です。

PAGE TOP