ホーム >Blog > 矯正治療を考えていますが、日常生活で何か注意点はありますか?

矯正歯科の先生方へ
地方在住の方へ
美容整形外科との違い
保険適用医療控除について

矯正治療を考えていますが、日常生活で何か注意点はありますか?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「矯正治療中の日常生活の注意点」です。ぜひご愛読ください。
矯正治療は歯並びが美しくなる期待がある反面、患者さんとすれば不安も大きく感じる治療でしょう。

そして、そんな不安の1つが矯正装置を装着することでの日常生活への影響です。
矯正装置を長期間装着することは日常生活にどんな注意をもたらすのか?
…ここではその点について分かりやすく説明していきます。

食生活の注意点

矯正装置を装着しているからといって食事制限があるわけではありません。
しかし安全性や審美性を考慮すると、可能な限り控えた方が良い食べ物があることも事実です。

固い食べ物や粘着性のある食べ物

あまり固いものを食べてしまうと矯正装置の破損につながります。
また、粘着性のあるものを食べると矯正装置にくっつき、それが矯正装置への負担となってしまいます。

麺類や繊維のある食べ物

麺類や繊維のあるものを食べると、矯正装置に食べカスが挟まりやすくなります。
この場合矯正装置自体に影響はないものの、不衛生になることで虫歯や口臭が起こりやすくなります。

糖を含む食べ物

糖を含む食べ物は虫歯のリスクを高め、特に矯正治療中は虫歯になるリスクが高いので要注意です。
なぜなら矯正装置を装着しているため、歯磨きがしづらくなって従来の精度で磨けないからです。

着色する食べ物や飲み物

食べ物で挙げるならカレーライス、飲み物で挙げるならワインやコーヒーが該当します。
これらを飲食すると矯正装置に着色する可能性があり、見た目が悪くなってしまいます。

歯磨きの注意点

矯正装置を装着すると歯磨きがしづらいため、そのせいで矯正治療中は虫歯になるリスクが高まります。
仮に虫歯になった場合、症状次第では矯正治療を中断して虫歯治療を優先しなければならないですし、
そうなると矯正治療の治療計画に狂いが生じて治療期間も長くなってしまいます。

このため、矯正治療中は普段以上に丁寧な歯磨きを心掛けてください。
歯磨きしづらいとは言え、丁寧に磨けばプラークを除去することは可能です。
ちなみに、どうしても磨きづらいと感じた場合は歯ブラシのタイプを替えてみるのも1つの方法です。

趣味の注意点

矯正装置を装着することで、今までできたことができなくなるケースがあります。
そして、それが趣味に影響することもあります。

スポーツをやっている人

スポーツ全般が禁止というわけではないですが、種目によっては控えた方が良いでしょう。
具体的には身体のぶつかるスポーツで、その場合衝撃によって口の中をケガしてしまう可能性があります。
特に動きの激しいラグビーや格闘技などは控えるべきですし、それが無理なら専用の保護カバーが必要です。

吹奏楽をやっている人

矯正装置を装着しても吹奏楽の演奏は可能です。ただし矯正装置の違和感で演奏しづらくなります。
これは慣れによって解消できる問題ではあるものの、それには時間が掛かるため、
大会などが近い場合は大会後のタイミングで矯正治療を開始することをおすすめします。

…矯正治療をすることでスポーツや吹奏楽が禁止になるわけではありません。
しかし、身体のぶつかるスポーツは矯正装置を装着していると口の中のケガにつながりますし、
吹奏楽は慣れるまでは普段と同じスタイルでの演奏が難しくなってしまいます。

マウスピース矯正について

矯正治療で使用する矯正装置にはいくつか種類があり、その中にはマウスピース型の矯正装置も存在します。
いわゆるマウスピース矯正と呼ばれる方法ですが、
マウスピース矯正をすることによって今回お伝えした問題のいくつかが解消されます。

マウスピース矯正ではマウスピース…つまり矯正装置を自分で取り外しできるため、
食事や歯磨きの時に外せば不自由が一切ないのです。とは言え、好きな時に外せると思うのは禁物で、
装着時間としては1日20時間ほど必要です。このため実際には外せるのは食事や歯磨きの時に限られます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、矯正治療中の日常生活の注意点についてまとめます。

1. 食生活の注意点 :固い食べ物や粘着性のある食べ物、麺類や繊維のある食べ物などに注意
2. 歯磨きの注意点 :矯正装置があることで歯磨きがしづらくなるため、普段以上に丁寧に磨くこと
3. 趣味の注意点 :身体のぶつかるスポーツはケガのリスクがあり、吹奏楽の演奏は慣れが必要
4. マウスピース矯正について :食事や歯磨きの時に外せるため、注意点のいくつかを解消できる

これら4つのことから、矯正治療中の日常生活の注意点について分かります。
このように、矯正装置を装着することで日常生活において不自由な点はいくつかあります。
しかし大半が慣れで解決できる問題ですし、我慢するのはほんの数年です。
この先ずっと歯並びが悪いことを考えれば、
数年の我慢でそれが解消できるのはむしろプラスと捉えるべきでしょう。

PAGE TOP