ホーム >Blog > 矯正治療をしても、いずれ元に戻ってしまうことがあると聞きましたが本当ですか?

矯正歯科の先生方へ
地方在住の方へ
美容整形外科との違い
保険適用医療控除について

矯正治療をしても、いずれ元に戻ってしまうことがあると聞きましたが本当ですか?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「矯正治療後の後戻り」です。ぜひご愛読ください。
矯正治療で歯並びを改善しても、そのままにしていると歯はやがて元の位置に戻ってしまいます。

これを後戻りと呼びますが、だったら矯正治療をしても意味がないと思ってしまうかもしれません。
しかし、実際の矯正治療では治療後にそんな後戻りを防ぐための対処を行います。
そこで、ここでは矯正治療中ではなく矯正治療後についてのお話をしていきます。

そもそも歯は動くもの

後戻りで歯が元の位置に戻ってしまうことを不思議に思うかもしれませんが、
そもそも歯は動くものと認識してください。例えば舌で歯を押すなどのクセを続けると歯は動きますし、
歯ぎしりを繰り返していれば歯が擦り減って高さが変わります。

矯正治療に至っては、歯を支えている骨が吸収されることで歯が動きます。
そして、歯が動いた後はその箇所で新たに骨が形成されて歯が固定される仕組みです。
しかし、矯正治療後は歯の周囲の骨がまだ弱く不安定な状態にあります。
このため、何の対処もしないでいると顎の動きなどが原因で後戻りが起こってしまうのです。

保定装置の装着で対処

矯正治療後の後戻りは、保定装置を装着することで対処できます。
保定装置はリテーナーとも呼ばれ、矯正治療後の綺麗な歯並びを維持する上で欠かせないものです。
ちなみに矯正装置に種類があるように、このリテーナーにも種類があります。

リテーナーの種類を大きく分けると「固定式」と「可動式」の2タイプで、
固定式は文字どおり完全に固定するため自分で外すことができません。
このため、定期的なメンテナンスが必要になってきます。

一方可動式は自分で取り外しできるので便利なのですが、好きな時に外して良いわけではありません。
外すタイミングとしては食事や歯磨きの際などに限られており、
それ以外の時に外すクセをつけてしまうと装着時間が短くなって後戻りが起こってしまいます。

その意味では、可動式は便利な反面軽率に外さない意志の強さが求められます。
ちなみに一般的なケースとしては、矯正治療後まずは固定式の保定装置を一定期間使用し、
その後経過観察しながら可動式の保定装置に交換する流れが多いです。

保定期間

保定期間とは保定装置を装着する期間のことで、長さとしては一般的に1年~3年です。
さて、1年~3年といっても1年と3年では大きな差がありますが、
このような差が出る理由は患者さんの年齢や矯正の治療内容によって異なるからです。

また、歯科医院の治療方針によって保定期間の長さが異なる場合もあるでしょう。
保定期間では定期的に通院が必要となりますが、その目的はメンテナンスです。
費用は矯正治療の費用の中に含まれているため、虫歯治療などを行わなければ基本的に無料です。

ちなみに「基本的に」と表現したのは、
中にはメンテナンスを含めた費用提示をしていない歯科医院があるかもしれないからです。
このため、保定期間の費用については治療前に歯科医院に確認すべきでしょう。

クセによる歯の移動への対処

食いしばりや歯ぎしりのクセがあると、それが原因で歯が動いてしまうことがあります。
食しばりは意識して止めることができるでしょうが、
歯ぎしりのような睡眠中に無意識に行うクセは、自分で対応することはできません。

このようなケースでおすすめとなるのが、マウスピースタイプの保定装置を使用することです。
保定装置の中にはマウスピースタイプのものもあり、
これを睡眠中に装着することで歯ぎしりが起こった際の歯へのダメージを緩和できます。

後戻りだけでなく日常生活のクセで歯が動いてしまうこともあるため、
そのようなクセを自覚している人はそれに対処できる保定装置の選ぶ必要があります。
つまり矯正治療後の歯の動きを防ぐには、後戻りだけでなく日常生活のクセにも注意しなければなりません。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、矯正治療後の後戻りについてまとめます。

1. そもそも歯は動くもの :舌のクセなどでも歯が動くため、後戻りで動くのは稀なケースではない
2. 保定装置の装着で対処 :固定式、もしくは可動式の保定装置を装着して後戻りを防ぐ
3. 保定期間 :一般的に1年~3年ほどで、患者さんの年齢や歯科医院の治療方針によって異なる
4. クセによる歯の移動への対処 :歯ぎしりなどのクセがある人はマウスピースタイプの保定装置を使用する

これら4つのことから、矯正治療後の後戻りについて分かります。
矯正治療後に歯並びが戻ってしまった人は、ほとんどが保定装置の装着を怠ったことが原因です。
動かした歯は元の位置に戻ろうとするため、保定期間中は必ず保定装置を装着してください。

また保定期間のことを知らないと、矯正治療後に保定装置の装着を指示された時に嫌に思えてしまいます。
このため矯正治療を検討している人は保定期間があること、
そして保定期間とは何なのかについてもあらかじめ情報収集しておくと良いでしょう。

PAGE TOP