ホーム >Blog > 矯正装置をつけている時は食事の制限はありますか?

矯正歯科の先生方へ
地方在住の方へ
美容整形外科との違い
保険適用医療控除について

矯正装置をつけている時は食事の制限はありますか?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「矯正装置と食生活」です。ぜひご愛読ください。
矯正治療では矯正装置を装着しますが、その点に不安を感じる人も多いでしょう。

「痛みはないのか?」、「違和感はないのか?」、「外れないのか?」…など、
矯正治療についての患者さんの質問の多くは矯正装置にかかわるものです。
そんな矯正装置にかかわる質問の1つとして、今回は食生活への影響について説明します。

食事制限について

矯正装置を装着することでの食事制限は特になく、
そのため「絶対にこれを食べてはいけません」のような禁止事項はありません。
しかし、食べるものによっては矯正装置に影響をもたらすことがあるのも事実です。

以下で紹介するものを食べると矯正装置が外れたり破損したりする可能性があるため、
絶対に食べてはダメというわけではないものの、できれば避けた方が良いでしょう。

固い食べ物

あまり固いものを食べると矯正装置が外れてしまうことがあります。
矯正治療では矯正装置を装着しますが、同じものをずっと装着するわけではありません。
歯の動きに合わせて定期的に新しい矯正装置に交換するため、矯正装置は外せる仕様になっています。

このため、あまり固いものを噛むと矯正装置が外れてしまうことがあるのです。
最も、外れてしまっても歯科医院に行けば再装着できるので大きな問題にはならないですが、
歯科医院に行く手間が掛かりますし、仮に破損してしまえば余分な費用が掛かってしまいます。

色の濃い食べ物

食べ物の色が濃いからといって矯正治療に支障があるわけではありません。
しかし色の濃い食べ物は矯正装置に着色する可能性があるため、審美性にマイナスをもたらします。
例えばコーヒーやカレーは着色すると歯磨きでも落とせないことがあります。

特に表側矯正は矯正装置が見えてしまうため、ただでさえ審美性を気にする人が多く、
その上着色してしまえば審美性の低さがより気になってしまうでしょう。
つまり、安全性ではなく審美性の意味で色の濃い食べ物は避けた方が良いのです。

矯正装置に挟まりやすい食べ物

ワイヤーを使用した矯正装置は食べ物が挟まりやすくなっています。
どんな食べ物でもそれは起こり得ることですが、
麺類や繊維のある食べ物などは特に挟まりやすいため、できれば避けた方が良いでしょう。

矯正装置に食べ物が挟まっても歯磨きで除去できますが、その場合は丁寧で精密な歯磨きが必要です。
磨き残してしまえばそれは食べカスとして残り、虫歯や歯周病の原因になってしまうでしょう。
さらにいつまでも食べカスが残っていれば、それが原因で口臭を引き起こしてしまいます。

糖が含まれた食べ物

矯正治療中は虫歯になりやすいと言われていますが、その理由は矯正装置の装着にあります。
矯正装置を装着していることで歯磨きがしづらくなり、普段より多くの磨き残しが出てしまうからです。
このため矯正治療中は虫歯に注意する必要があり、その意味で糖が含まれた食べ物はおすすめできません。

とは言え、糖を完全に摂取しないことは不可能でしょうから、
意識としてチョコレートやアメなど虫歯になりやすいお菓子を避けるようにしましょう。
仮に虫歯になった場合は矯正治療を中断しなければならないため、その分治療期間が長引いてしまいます。

食生活に支障のない矯正装置

矯正装置の種類によっては食生活に支障がないものもあります。
例えば「見えない矯正」と称されるマウスピース矯正は、自分で矯正装置を取り外しできるようになっています。
このため食事の際は外すことができ、そうすれば普段と変わらない食生活を送れます。

また、裏側矯正と呼ばれる方法では舌側に矯正装置を装着するため、
元々矯正装置が目立たない上に表側矯正に比べて着色を気にする必要がありません。
このような矯正装置を選択すれば食生活の問題を解消できます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、矯正装置と食生活についてまとめます。

1. 食事制限について :絶対にダメというものはないが、避けた方が良い食べ物はある
2. 固い食べ物 :あまり固いものを食べると矯正装置が外れたり破損したりする可能性がある
3. 色の濃い食べ物 :治療そのものに影響はないが、矯正装置に着色して見た目が悪くなる
4. 矯正装置に挟まりやすい食べ物 :食べカスとして残れば虫歯や口臭の原因になる
5. 糖が含まれた食べ物 :矯正装置を装着すると歯磨きの精度が落ちて虫歯になりやすいため
6. 食生活に支障のない矯正装置 :マウスピース矯正なら食事の時に外せるため、食生活に一切支障がない

これら6つのことから、矯正装置と食生活について分かります。
矯正装置を装着することで避けた方が良い食べ物にはこのようなものがありますが、
いずれも矯正治療そのものに大きな影響をもたらすわけではありません。

このため、そこまでシビアにならなくても良いでしょう。
しかし矯正装置には何らかの影響をもたらしてしまうため、
心配な人は食事中に外せるマウスピース矯正にするのも1つの方法です。

PAGE TOP