ホーム >Blog > 矯正治療をしたくても、目立つ矯正装置をつけるのが嫌です

矯正歯科の先生方へ
地方在住の方へ
美容整形外科との違い
保険適用医療控除について
覚悟の瞬間 医療法人社団瑞鶴会 鶴木クリニック医科・歯科 鶴木隆

矯正治療をしたくても、目立つ矯正装置をつけるのが嫌です

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「目立たない矯正装置」です。ぜひご愛読ください。
矯正治療は歯並びを美しくするための治療ですが、その治療方法を嫌がる人は少なくありません。

なぜなら、矯正治療では矯正装置を長期間装着しなければならないからです。
早くても1年は掛かる治療期間…その期間中目立つ矯正装置を装着するのは、確かに嫌かもしれません。
しかしそんな患者さんの気持ちに配慮して、現在では目立たない矯正装置も存在します。

裏側矯正

舌側矯正やリンガル矯正とも呼ばれており、矯正装置を裏側…つまり舌側に装着する方法です。
ワイヤーを使用しつつもそれを裏側に装着するため、従来の矯正方法に比べて矯正装置が目立ちません。
また審美性が高いだけでなく、裏側矯正には他にも虫歯になりにくいメリットがあります。

そもそも矯正治療中は矯正装置を装着するため、その箇所が虫歯になりやすい問題があります。
しかし裏側矯正の場合、矯正装置を装着している箇所に唾液が集まります。
唾液は細菌の洗浄効果がありますから、矯正装置を装着していても虫歯を予防しやすいのです。

ただしその反面、矯正装置が見えづらいため矯正装置そのものの清掃はしにくくなります。
さらに矯正装置が舌に当たるため、人によっては発音のしづらさを感じることがあります。
最も、これについては慣れで解消できるため、矯正治療中ずっと発音がしづらいまでの事態にはなりません。

マウスピース矯正

「見えない矯正方法」とも呼ばれており、透明なマウスピースが矯正装置になっています。
自分で取り外しできるのが大きな特徴で、食事や歯磨きの際に外せるため不自由さがありません。
マウスピース自体も透明で目立たないため、矯正装置を装着していることがほとんど分かりません。

取り外しできる点がマウスピース矯正のメリットであり、食事の際に外すことでどんなものでも食べられますし、
歯磨きの際に外すことで従来どおりの歯磨きができるため、矯正治療中の虫歯を予防しやすくなります。
一方デメリットになるのが対応できる症例が限られていることです。

歯を動かす力…つまり矯正力はワイヤー矯正の方が優れているため、
歯の凸凹の度合いによってはマウスピース矯正では対応できません。
また、自由に取り外しできると言っても好きなだけ外せるというわけでなく、1日20時間ほどの装着が必要です。

ちなみに、マウスピース矯正で使用するマウスピースにはいくつかの種類があり、
取り扱うマウスピースの種類は歯科医院ごとで異なります。
そこで、最も一般的なものとしてインビザラインを以下で紹介します。

インビザラインについて

マウスピース矯正で使用するマウスピースの中でも世界で最も大きなシェアを誇っており、
その分信頼性と安全性に長けています。上記で紹介したマウスピース矯正の特徴はもちろん、
以下のようなインビザラインならでは特徴もあります。

・違和感が小さい
元々マウスピース矯正は違和感が小さいですが、インビザラインは違和感がより小さくなっています。
これはインビザラインが他のマウスピースの矯正装置に比べて小さなサイズになっているからです。

・対応できる症例が幅広い
インビザラインは他のマウスピースの矯正装置より対応できる症例が広くなっています。
このため、他のマウスピース矯正では対応できない場合もインビザラインなら対応できることがあります。

・治療後の歯並びを3Dシミュレーションできる
インビザラインは治療後の歯並びを3Dシミュレーションできます。
治療後の歯並びを知ることは、長い矯正治療において大きなモチベーションになります。

・通院回数が少なくてすむ
インビザラインは交換用のマウスピースをある程度まとまった数渡せます。
このため、他のマウスピース矯正に比べて頻繁な通院が必要ないのです。

・破損しにくい
インビザラインの材質は柔軟性があり、そのため破損しにくくなっています。
他のマウスピース矯正に比べて事故が起こりにくいのも、この破損のしにくさが理由の1つです。

矯正の治療期間

矯正装置の装着が嫌な人は治療期間も気になると思います。
そこで矯正の治療期間をお答えしますが、まずこの時点で明確な治療期間は断言できません。
と言うのも、歯並びの凸凹の度合いによって治療期間に差があるからです。

ある程度元々の歯並びが整っている状態なら、治療期間は1年ほどになるでしょう。
そして良くも悪くもない状態なら1年~2年ほどで、これが矯正治療の一般的な治療期間になります。
しかし歯並びが凸凹だと治療期間は長くなり、この場合2年~3年ほどになります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、目立たない矯正装置についてまとめます。

1. 裏側矯正 :ワイヤーを裏側に装着するため、矯正装置が人に見られにくい
2. マウスピース矯正 :自分で取り外しでき、マウスピースも透明で目立たない
3. インビザラインについて :マウスピース矯正で世界ナンバーワンのシェアを誇るマウスピース
4. 矯正の治療期間 :歯並びの状態によって異なるが、一般的には1年~2年ほど

これら4つのことから、目立たない矯正装置について分かります。
今までは歯の表側に矯正装置を装着するワイヤー矯正のみでしたが、
最近では裏側矯正やマウスピース矯正などの見えない矯正方法があります。
このため、「目立つから矯正装置の装着が嫌」という悩みはある程度解決できるようになっています。

PAGE TOP