ホーム >Blog > 矯正治療ではなぜ抜歯が必要になるのでしょうか?

矯正歯科の先生方へ
地方在住の方へ
美容整形外科との違い
保険適用医療控除について

矯正治療ではなぜ抜歯が必要になるのでしょうか?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「矯正治療における抜歯の可能性」です。ぜひご愛読ください。
歯科治療の処置の中で、みなさんが最も嫌うのは抜歯ではないでしょうか。

虫歯、歯周病、親知らず…これらが原因で抜歯することがありますが、
実は矯正治療においても抜歯が必要になることがあります。
そこで、ここでは矯正治療における抜歯をテーマにした説明をしていきます。

抜歯の可能性

矯正治療では抜歯が必要になる可能性がありますし、その可能性は大人の矯正治療の場合は高いでしょう。
とは言え絶対に抜歯が必要とは断言できず、歯並びや前歯を覆う唇の状態などを見ての判断となります。
つまり抜歯が必要になる可能性は高いものの、必ずしも抜歯を行うとは言い切れないのです。

さて、中には「当院の矯正治療では抜歯をしません」と公言している歯科医院もあります。
しかし、抜歯が必要にもかかわらずそれを行わなければ矯正治療の失敗を招く可能性があり、
その意味では抜歯を絶対に行わない歯科医院で矯正治療を受けるのは正直おすすめできません。

抜歯の目的

そもそもなぜ矯正治療で抜歯が必要なのでしょうか。
矯正治療とは歯並びを改善するのが目的であり、最終的には綺麗に横一列に並ぶのが理想です。
しかし、歯並びの状態によっては抜歯をせずに綺麗に歯を並べるのは不可能です。

分かりやすく例えるなら5人掛けのソファで、ここに6人が座ろうとすると綺麗に座れないですよね。
ではこの場合どうするか?…5人掛けのソファであるため、1人どいてもらえばいいわけです。
そうすれば5人掛けのソファに5人が座るわけですから、姿勢を正せば必ず綺麗に座れます。

実は矯正治療もこれと同じ発想で、歯を綺麗に並べるためにはそのためのスペースが必要であり、
それができない場合に抜歯するのです。なぜなら抜歯すればその箇所は歯がなくなるため、
他の歯を綺麗に並べられるだけのスペースを確保できるのです。

つまり矯正治療における抜歯は、「歯を綺麗に並べるためのスペース確保」が目的です。

抜歯せずに矯正治療を行った場合

もちろん抜歯が必要ない場合は問題ないですが、
抜歯が必要にかかわらずそれをしなかった場合、矯正治療にどのような影響があるのでしょうか。
まず口元の見た目が悪くなってしまいます。

スペースのない状態で矯正治療を行えば、無理やり歯を一列に並べることになります。
これを上記の例で例えるなら、5人掛けのソファに無理やり6人座らせる状態です。
当然歯は綺麗に並ぶことができず、スペースがないことで歯が飛び出してしまうでしょう。

こうなると口と閉じた時でも口元が前に出てしまうため、その影響で口元の見た目が悪くなるのです。
さらに言えば口元が閉じられないと口呼吸になってしまいますから、
口の中が渇くようになって虫歯になるリスクが高まりますし、口臭も気になるようになるのです。

また、抜歯を無視して無理やり矯正治療を行ってしまえば、通常よりも後戻りしやすくなります。
後戻り自体はどうしても起こる問題ではあるものの、
必要な抜歯を行わなかった場合はそれがより起こりやすくなるのです。

抜歯せずに矯正治療する方法

抜歯せずに矯正治療する方法としては、まず歯を削って対処する方法が挙げられます。
抜歯の目的はスペースの確保ですから、別の方法でそれができれば抜歯は必要なくなります。
例えば前歯の6本を矯正治療するとして、これらの歯を全て1ミリ削れば合計6ミリのスペースが生まれます。

そしてその6ミリのスペースを利用して前歯6本を矯正治療するわけです。
ただし削れる量は限られているため、この方法では大幅なスペースを確保することができません。
このため、歯の凸凹の度合いが小さい場合でしか対応できない方法です。

もう1つ方法を挙げると、小児矯正を行うことです。
「矯正治療は子供の時に行った方が良い」と聞いたことがある人も多いと思いますが、
その理由の1つとして挙げられるのが「抜歯をせずに矯正治療できる可能性が高い」です。

小児矯正は乳歯と永久歯が混ざっている時期に行い、
今後生えてくる永久歯が正常な位置に生えるようスペース確保を目指します。
このため、計画どおりに治療が進めば抜歯せずに矯正治療ができるのです。

必ずと断言はできませんが、
子供の時に小児矯正を行うことで抜歯の必要性は大幅に減少します。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、矯正治療における抜歯の可能性についてまとめます。

1. 抜歯の可能性 :あくまで口の中の状態次第だが、大人の場合は抜歯が必要になることが多い
2. 抜歯の目的 :抜歯することで歯を綺麗に並べるためのスペースを確保する
3. 抜歯せずに矯正治療を行った場合 :口元の見た目が悪くなる、後戻りしやすくなるなどの問題が起こる
4. 抜歯せずに矯正治療する方法 :歯を削ってスペースを確保する、小児矯正を行う

これら4つのことから、矯正治療における抜歯の可能性についてまとめます。
矯正治療をする上では、どうしても抜歯が必要になることがあります。
それは矯正治療における1つのデメリットと解釈しておいても良いでしょう。
歯を綺麗に並べるには、並べられるだけのスペースが必要です。
そのスペースを確保するため、抜歯をしなければならないケースがあるのです。

PAGE TOP